ステップ バイ ステップ > ステンシルで型抜き

  
ステンシルシートがモールドとして使える
《ステンシルで型抜き》


ペイントで使うステンシルやテンプレートが、モールド(型抜き)として使える方法。
ステンシルの型がそのままの形で簡単にパーツとして出来ちゃう。
雪の結晶のステンシルなら、雪の結晶パーツ。
アルファベットのステンシルなら、アルファベットのパーツ。
パーツの厚さも自在に。

【準備するもの】
■ステンシルまたは、テンプレート(以下のチラシ画像を参照)
イージークロックステンシル   
TCWステンシル01
   TCWステンシル02   TCWステンシル2017
Deltaステンシル   Andy SKINNER・DecoArtステンシル  
PLAIDステンシル
  DecoArt・Hot off the Pressステンシ
■モデリングペーストやテクスチャーペースト チラシ画像→コチラ
※今回は、AM543モデリングペーストライトを使用。
(AM543モデリングペーストライトは、スノーテックスみたいな新雪のような表現ができる、 
 盛り上げ用地塗り剤。軽量。40ml \320+税 D※)
■薄手のシリコーンシート(店頭にて販売¥100+税)
■エッジが直線のパレットナイフ チラシ画像→コチラ
■マスキングテープ チラシ画像→コチラ
■定規
■ステンシルよりも大きめの紙(普通紙)
■水バケツ

【ステップ1】
薄手のシリコーンシートを敷き
真ん中にステンシルを置きます。

【ステップ2】
ステンシルが浮いたりズレない様に
四隅にマスキングテープで固定。

【ステップ3】
モデリングペーストをステンシル上に適量出す。

【ステップ4】
パレットナイフでのばす。
バターを塗る感じに、塗り拡げる。

モデリングペーストが少なければ再度出して、
全面に塗りのばす。
このステップの塗る厚さによって、
出来るパーツの厚さが決まります。

【ステップ5】
モデリングペーストを塗る終わったらすぐ
ステンシルシートをはがず。
※剥がすタイミングが遅いとシリコーンシートから
モデリングペーストが剥がれてしまいます。

予め用意した水バケツに、ステンシルをすぐに入れる。
ステンシルに付いた溶剤は、すぐ洗い落としましょう。

【ステップ6】
1日乾かす。



周りに飛び出たモデリングペーストは
セロハンテープなどで取り除く。

【ステップ7】
完全に乾いたら、次の物を準備。
■紙
■定規

まず、紙を下に敷き、
その紙の上にシリコーンシートのモデリングペーストが有る面を下にして敷き、
シリコーンシート上端に定規を置く。

定規を押さえつつ、シリコーンシートの上端をつまんで引き上げる。
そうすると、シリコーンシートからパーツがキレイに剥がれていきます。

【ステップ8】
完成



出来たてのモデリングペーストのパーツは柔軟性があります。
時間が経つと徐々に硬化します。

 

 

柔軟性がある段階で曲面などに貼りつけると良いでしょう。

ステップ バイ ステップ ホームへ戻る