《プラ板熱収縮情報》
各プラ板の熱収縮した時のサイズ情報です。

プラバンをタテ100ミリ・ヨコ100ミリにカットをして、
ヒートツールで加熱処理しました。

プラバンは厚さにより収縮率が異なります。
また、タテ方向ヨコ方向の収縮率も異なります。

※2019年4月時点で情報です。
※製造時期により、誤差はあります。
この比率が必ず出るとは限りません。目安として
P-102
クリヤープラ板0.2mm
B4サイズ

厚さ0.2mmを
100×100mmにカットしたプラ板の熱収縮サイズ
ヨコ:35〜36ミリ
タテ:41〜42ミリ
厚さ:1.3〜1.4ミリ

図案拡大
ヨコ:約277〜285% タテ:約238〜243%
P-1035
クリヤープラ板0.3mm
B4サイズ

厚さ0.3mmを
100×100mmにカットしたプラ板の熱収縮サイズ
ヨコ:36〜37ミリ
タテ:40〜41ミリ
厚さ:1.6〜1.7ミリ

図案拡大
ヨコ:約270〜277% タテ:約243〜250%
P-104
クリヤープラ板0.4mm
B4サイズ

厚さ0.4mmを
100×100mmにカットしたプラ板の熱収縮サイズ
ヨコ:51〜52ミリ
タテ:42〜43ミリ
厚さ:1.8〜1.9ミリ

図案拡大
ヨコ:約192〜196% タテ:約232〜238%
プラバン型取り技法での
モールドの拡大コピーは、
上記内容をご参考に。